バイブ付腕時計の自作

バイブ付腕時計 腕時計を自作した。
目的は、電車での乗り越し防止や、家族を起さずに深夜に起きて自分の時間を作るため。
これまでも携帯電話のバイブでのアラーム機能を使っていのだが、携帯を枕元に置くのはやっぱり電磁波が気になる。
また、バイブ付腕時計の製品が無いか調べたところありそうあまりない。確かナショナルが1万5千円くらいで販売していたようだがちょっと高いしね。

バイブ付腕時計裏面をあけたとこ 今回の材料はカセットケース大の時計キット「懐中ぶるッ時計」
このキットの部品を基板を使わずに最小細密半田付けをして、1000円位の時計の中に組み込んでみた。
(つくり始めてからだいぶ立つので忘れちゃったけど、コンデンサとかは同容量の小型の物に
変更したような気がする。)

バイブ付腕時計オプション 今回せっかく自作するのだからと、オプションで外付けバイブレータを使用出来るようにした。
選べるのは2種類。
1つは キットについていたちょっと大きなモータ。
2つ目は 腕時計に内蔵したのと同じタイプの細長いモータをイヤホンに仕組んだもの。
前者は、見た目はパワフルだけど、腕時計側の駆動回路が弱っちいのでいまいち。
後者は、結構来る。危険かも。

2006/7/6

ハード 日曜大工