秋のソナタ

学生時代にこの映画をみた。今みたらまた違う印象をうけるのかもしれないが、その時は胸に腕を突っ込まれ、感情を鷲掴みにされ、ぶるんぶるん振り回されたような衝撃を受けた。何日間も立ち直れなかった。ベルイマンと知っててみたのか忘れてしまったが、それ以来ベルイマンの映画は恐くてみていない。
(ホラーじゃないよ。念のため)

その後、おしゃれフランス映画(みてないので違ってたら御免。)「春のソナタ」(原題もそうなの?)が封切られ、この間 TVドラマ「冬のソナタ」がブームになった。新たに「〜のソナタ」がメディアに登場するたびに、ベルイマンの映画を思いだしてドキドキしていたのだが、「冬の〜」がこれだけメジャーになれば、たぶんもう「夏の〜」はでてこないだろうから、これで静かに暮らすことができる。

2004/1/20

南カルフォルニア映画研究会の日記