アピールと自慢

 先日、会社のチーム会にて、"CプログラマのためのサーバサイドJavaという研修に参加する"と報告。実際そういう名称の研修なのだが、今思えば単に"Javaの研修に参加する"とだけ云えば良かった。いまの部内にCプログラマがほとんど居ないので(COBOLがメイン)、Cを使える事を自慢したかったのだ。

自慢できるほどCを知っている訳でもないのに…
技術や知識を同じチームの仲間に隠すことは、いけない。自らアピールし、技術や知識を共有すべきだ。だけど必要ない場面で中途半端にアピールし「自慢」や「ひけらかし」になっちゃ駄目駄目。

とか反省しつつも「LISPプログラマのためのサーバサイドsmalltalk」とかいう研修ないかなぁ。と想像。 (2002)

2004/12/12

技術者日記