C入門書

C 昔はCが好きだった。もうCのソースのデバックをしたいとは思わないけど、いまも好き。あの頃Turbo-C環境でプログラムするのが楽しかった。
いまさら、C++でなく、Cから勉強しようという人は少ないと思うけど、私がCを勉強したときに大変世話になった本を紹介します。

アートオブC表紙 まずは 「アート・オブ・C」啓学出版
古い本なのでANSI前の構文だったが、この本にBASICでいうところのLEFT関数のサンプルがあって、そのサンプルのおかげでC言語のポインタが使えるようになった。
タイトルもカッコいいけど、各章のとびらにある不思議の国のアリスからの引用もいい感じだった。

turboCマニュアル 次はTURBO-Cのライブラリリファレンス。
このTurbo-Cのリファレンスと統合環境には大変世話になった。
(写真はユーザーガイド。リファレンスはたぶん実家の本棚か会社のロッカーの奥の方にあるんじゃないかな。)

現実的なCプログラミング表紙 最後は「現実的なCプログラミング」
オライリー本だけどこの頃はソフトバンクから出ていた。
この本は兎に角、テーマや文章のセンスがいいのだ。
この本の中にリンクリストなどデータ構造の実装の章があって、この章を参考にいろんなデータ構造を作って楽しんだ。
また、コーディングやデバックのプラクティスが載っているのだが、それが自然で押し付けがましくない。良書だと思う。

いま見返していたら、&演算子と&&演算子に関して「I now understand the difference between and and and and.」なんて小話が載っていた。
あと、この本の翻訳はあの岩谷宏さん。

いまGoogleで検索してみたら作者のページがHIT。(お元気ですか。その節はお世話になりました。)
C++版も出ていたらしい。

そういえば、K&R本ももっていたけど、ほとんど使わなかった。K&Rといえば、電車の中で読んでいたら、隣に座っていたおじさんが、「この本いい本だよねぇ」と声をかけてきたことがあったっけ。

2005/1/20

本のサークル日記 ソフト